相続税・贈与税

相続税・贈与税の業務一覧
 
相続税申告
 ご家族・ご親族の不幸により相続が発生し、相続税の申告が必要な場合には、相続発生時(死亡日)から10ヶ月以内に相続税の申告書を提出しなければなりません。
 相続税の納税額がゼロでも、各種の特例を使ったうえで納税額がゼロとなる場合には、相続税の申告が必要になるケースがあります。
 特に、平成27年1月1日以降の相続については基礎控除額が4割下がった為、今まで相続税の申告が必要なかった方でも、申告が必要になるケースが増加しました。
 相続税の申告が必要かどうかも含め、ご相談を承ります。
 
 また、遺産の分割の仕方によって、相続税の納税額が変わる場合がありますし、その後の所得税・相続税を考慮しなければいけない場合もあります。
 当事務所では、被相続人・相続人の方々のご意向を尊重したうえで、遺産分割のご相談も承ります。
 
↑ PAGE TOP
 
相続に関するご相談・相続税簡易診断
  • 相続が発生したが、相続税がかかるかどうか知りたい。
  • まだ相続は発生していないが、相続について相談したい。
  • 遺言書や遺産分割協議書について相談したい。
  • 相続税の申告は必要ないが、他の相続人と関係が上手くいっておらず、遺産の全体像を把握する資料が欲しいと言われている。
  • 相続に関する手続きがわからない。 など
 
 相続診断士である税理士が相続に関するご相談をお受けいたします。
 
 
 相続税の申告が必要かどうかが判らないと言う方には、最低限のデータと必要書類だけで行う相続税簡易診断をお勧めします。
 
 また、他の税理士事務所では、相続人間で揉めている相続のご相談を断っているケースがあるようですが、当事務所では、そのようなケースでもご相談をお受けいたします。
 
 なお、税理士におこなえる業務以外の業務につきましては、当事務所には提携している弁護士・司法書士・行政書士がおりますので、それぞれの専門家と連携して対応いたします。
 → 提携イメージはこちら
 
↑ PAGE TOP
 
相続税シミュレーション(または相続税簡易診断)
  • 相続が発生した場合、相続税の納税額はいくらぐらいになるのか?
  • 納税資金は、現在所有している預貯金だけで足りるのか?
  • 自分が思っている遺産の分け方の場合、配偶者や子供たち各人の納税額はいくらになるのか? など
 
 上記のような疑問・不安はありませんか?
 当事務所では、現時点の財産での相続税シミュレーション業務もおこなっております。
 なお、上記のような疑問・不安を費用を抑えて知りたい・解消したいと言う方には、最低限のデータと必要書類だけで行う相続税簡易診断がお勧めです。
 
 また、相続税シミュレーションをおこなっていただいたお客様について実際に相続が発生した場合には、相続税申告の料金割引制度がございます。
 
↑ PAGE TOP
 
贈与税の申告・事前相談
  • 相続税対策の為、生前贈与を受けた。
  • 家を買った際、親から資金援助を受けた。 など
 
 上記により、贈与税の申告が必要な場合、贈与を受けた翌年の3月15日までに贈与税の申告書を提出しなければなりません。
 贈与税の申告はもちろんの事、贈与前の事前相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。
 
↑ PAGE TOP
 
シニアあんしんサポートまつどのセミナー活動
 当事務所では、「シニアあんしんサポートまつど」という相続の相談窓口グループ行政書士 ・ 司法書士と共に作り、月1回のペースで相続に関する無料セミナー・個別相談会をおこなっています。
 
 → シニアあんしんサポートまつど の最新セミナーチラシはこちら
 → シニアあんしんサポートまつど のセミナー情報はこちら
 
↑ PAGE TOP